トップ >  本部主催行事

素顔の広島学院と清心に触れてみませんか?

 みなさんは広島学院やノートルダム清心にどんなイメージをおもちでしょうか。いずれも地域の最難関私学です。真っ先に「高偏差値」と連想されたかたもおありでしょう。また、両校ともカトリック系のミッションスクールであることから、「真面目」「スマート」など、宗教的側面からイメージされたでしょうか。
 実際はどうなのでしょう。みなさんのイメージは先入観に基づいているかもしれません。本催しで、ぜひお確かめください。両校の新たな魅力が、きっとたくさん発見できるでしょう。
 当日は、かつて中学・高校生時代に広島学院・ノートルダム清心で学び、大学卒業後は母校に戻って教師として長年活躍されている生え抜きの先生がたです。学校の全てを知っておられる先生だからこそ聞ける話も多々あることでしょう。催しのタイトルにある「生き抜く力」とは、どんな状況かにあっても自らの信念に基づいていき通す力を意味します。先生がたのお話から、そうした能力を育む私学教育の魅力の一端を感じとっていただければ幸いです。ぜひ、お気軽にお越しください。
また、イベント内では学校へのイメージについて、受験を控えた6年生児童のみなさん、そして広島学院・清心の中学1年生と卒業を控えた高校3年生のみなさんから回答をいただいた「学校イメージ」についてご紹介します。さて、どんな回答が返ってきたでしょうか。当日ご紹介します。お楽しみに!:

実施要項

対象小学生児童の保護者(お子さんの学年不問)
※受験についてお迷いのかたもお気軽に。
実施日時 2017年11月17日(金)10:30~12:00
会場 広島ガーデンパレス2F孔雀・朱鷺の間
(広島市東区光町1-15 JR広島駅北口から徒歩約6分)
話者 ノートルダム清心 教頭    神垣 しおり先生
広島学院     広報部長  倉光 望先生
参加方法 予約・申込の必要はありません。参加費は無料です。

主テーマ・内容

●お越しいただく先生

ノートルダム清心 教頭    神垣 しおり先生
広島学院     広報部長  倉光 望先生

●第一部

①【思春期をどう乗り越えるか】
 完全6カ年一貫教育のよさがここにある!
②【進学校としての教育実践】
 どのようにして進路目標を達成するか。
③【学院生・清心生の学校生活】
 中1・高3生の「意識調査」の結果をご紹介。
④【カトリックの教義に基づく心の教育】
 知性的生きかたを育むオリジナルカリキュラム。

●第二部

 私学6年間を飛躍の場に!(質問コーナー)
 ※勉強のありかた・学業面でのサポート体制など。

会場アクセス

会場:広島ガーデンパレス2階孔雀・朱鷺の間(広島市東区光町1-15)
   ※JR広島駅北口から徒歩約5分。

本イベントに関するお問い合わせ

 本イベントに関するご質問等は、家庭学習研究社 本部事務局にお電話ください。
 【家庭学習研究社 本部事務局】
  広島市中区袋町6-53 電話番号)082-248-2081
            ※受付時間 月~金 9:00~17:00
                    土 9:00~15:00 日祝は休み

Page Top