トップ >  小学1・2・3年対象 小学校低学年部門「体験授業会」

低学年部門のご紹介「中学受験の助走~2つのアプローチ~」

 低学年指導部門では、今春新1~3年生になるお子さんと保護者のかたを対象に「体験授業会」を行います。当社 低学年部門に設置している「ジュニアスクール」(小学3年対象)と「玉井式国語的算数教室」(小学1・2・3年対象)の2つの講座について、授業体験をご提供する催しです。
玉井式授業写真「ジュニアスクール」とは、2001年創設の、中学受験を視野に入れたオリジナル講座です。小学3年生のみ対象で、三篠校・己斐校・広島校・五日市校の4校舎に設置しています。指導科目は、算数と国語の2教科で、ドリルなどによる演習型の指導ではなく、教具を使った作業や発表などを採り入れた指導を通して、確かな基礎学力と、集団学習への高い適性を備えた子どもの育成をめざします。
玉井式授業写真 もう一つの講座「玉井式国語的算数教室」とは、2010年に玉井満代先生が創設された、独創性あふれる才能開発講座です。小学1~3年生対象で、全6校舎に設置しています。算数指導の中に国語の読み取りの要素が含まれています。玉井式は、楽しいアニメーションの動画を効果的に用いて、図形のイメージ操作力や算数の文章題の設問場面をイメージする力を伸ばします。
 2つの講座は内容は全く違いますが、いずれも、学ぶことへの”快”の感情を育て、子どもたちが週一度の授業を楽しみに通学してくれている点は共通しています。
 2月の「体験授業会」では、お子さんには授業体験を、保護者のかたには、講座についてご説明をさせていただいた後、お子さんの授業の様子をご参観いただきます。多くのかたのご参加をお待ちしております。なお、「体験授業会」に関するお問い合わせは本部事務局(TEL082-248-2081)で受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

実施要項

対象
 ジュニア…新小学3年生児童と保護者
 玉井式 …新小学1・2・3年生児童と保護者
定員
 12名(各学年とも)※定員に達し次第締め切らせていただきます。
内容
 児童 …授業体験
 保護者…当社の指導方針をご説明したのち、
     お子さんの授業を一部ご参観いただきます。
時間
【ジュニアスクール】
時間会場
2/4(日) 10:30~12:00 三篠校
14:00~15:30 広島校
2/10(土) 10:30~12:00 五日市校
14:00~15:30 己斐校
 ※全日程の各回とも、同内容で実施いたします。

【玉井式国語的算数教室】
時間 会場
2/11(日) 10:30~12:00 五日市校
14:00~15:30 己斐校
2/12(祝月) 10:30~12:00 三篠校
14:00~15:30 広島校
2/18(日) 10:30~12:00 呉校
15:00~16:30 東広島校
 ※全日程の各回とも、同内容で実施いたします。
 
持参物
 筆記用具(鉛筆・消しゴム・赤えんぴつ)
 ※東広島校にご参加のかたは、上履きもお持ちください。
参加方法
 家庭学習研究社 本部事務局までお電話またはHP申込フォームよりお申し込みください。参加費は無料です。
 ①電話申込の場合
  家庭学習研究社 本部事務局 
  電話番号:082-248-2081(代)
  受付時間:月~金 9:00~17:00、土 9:00~15:00(日祝は休み)
 ②HP申込フォームの場合
  下記バナーをクリックしてください。
 

会場案内(アクセス)

【三篠校】
 広島市西区三篠町2丁目14-18
 JR横川駅より徒歩約7分

三篠校の地図

【己斐校】
 広島市西区己斐本町1丁目23-17
 JR西広島駅より徒歩約2分

己斐校の地図

【広島校】
 広島市東区光町1丁目9-12
 JR広島駅北口より徒歩約6分

広島校の地図

【五日市校】
 広島市佐伯区五日市駅前2丁目18-3
 JR五日市駅北口より徒歩約5分

五日市校の地図

【呉校】
 呉市中通2丁目2-3
 JR呉駅より徒歩約7分

呉校の地図

【東広島校】
 東広島市西条朝日町13-3
 JR西条駅より徒歩約8分

東広島校の地図


ジュニアスクールの授業とは?

 ジュニアスクールは、通学は週1回で、指導は算数と国語です。授業時間はどちらも40分。授業日以外は、 家庭学習用のプリント(ホームワーク)に取り組んでいただきます。授業で、基本となる考えかた、勉強の面白さを学び、家庭学習で学力の定着、学習の習慣づけを図る。そうして、3年終了までに中学受験対策の学習に無理なく対応するための態勢を築いていきます。

tamai1

ジュニアスクールの授業

算数(40分)
授業は、算数的な考えかたの育成や、算数のよさにふれる体験の提供に重きを置いています。そのため、教具を使った作業を多く採り入れ、子どもたちが五感を稼働させながら理屈の上でも感覚的にも理解を深めていくような授業を実践しています。
国語(40分)
読みの練習や漢字の学習は副教材の守備範囲と定め、授業では文章を読むこと、書くこと、話すことの楽しさを子どもたちに体感させることに重きを置いて指導します。具体物やカードを多用したメリハリのある授業は、子どもたちにも大好評です。

1クラス1担任制

 ジュニアスクールのクラス定員は15名です。各クラスを受け持っている先生をナビゲーターと呼んでいます。ジュニアスクールのナビゲーターは、単に授業を実施するだけでなく、子ども個々の学習姿勢や学力状況を掌握し、より望ましい学習に向けて成長できるようバックアッ プします。そこで、単に先生や指導担当者と呼ばず、「子どもの学びの水先案内人」という意味でナビゲーターと呼んでいます。

玉井式国語的算数教室の授業とは?

「玉井式国語的算数教室の指導科目は何ですか?」というご質問を受けることがあります。科目名でお答えするなら「算数」です。しかし、算数指導の中に、長文の読み取り能力育成の要素が含まれてるということから「国語的算数」という名前になっています。さらに玉井式国語的算数教室の最も大きな特色は、授業がアニメーションの映像を軸に進められることです。アニメの問題が算数の課題場面として登場するため、問題解決に必要なイメージングの力が養われます。図形単元では、理屈で説明し難い閃きや空間把握能力が求められますが、玉井式は3Dアニメの活用によって、これらの能力の育成にも成功しています。
 毎回の授業は、以下のような4つのパートで構成されています。

Part.1 きほんのおはなし(導入)

アニメーション

 新しく学習する単元の導入となるパートです。アニメーションの物語に登場するキャラクターのやりとりを通じて、基本となる考え方を楽しく学んでいきます。映像を見終えたら、問題に取り組んで学んだことをおさらいします。

アニメーションと連動した問題



Part.2 ものがたり算数(応用)

アニメーション

 アニメーションの物語をみんなで楽しみます。子どもたちが一番楽しみにしている時間です。しかし、決して遊びではありません。ストーリーに算数の課題場面が仕組まれており、子どもたちは具体的状況のもとで算数の大切な考え方を学んでいきます。

問題



Part.3 かたちの形(図形)

アニメーション

 3Dアニメーションを活用して、平面図形や立体図形の性質を学んでいきます。図形単元で求められるイメージ操作の力や空間把握力を育みます。
 図形は中学受験での頻出単元の一つですが、低学年のうちに図形に慣れ親しんでおけば、この単元に強いタイプの子どもになれます。

問題



Part.4 えいごもこくご

アニメーション

 授業の最後は、ものがたり算数をもう一度。ただし、声はネイティブスピーカーの英語に吹き替えられています。英語の指導はしませんが、英語の発音を聞き分ける耳が育ちます。
 もっと詳しくお知りになりたいかたは、本部事務局までお問い合わせください。
Page Top