トップ >  受験生の部

受験生の部タイトル

受験生の部バックナンバーへ2020年作品一覧

No.1 『 受験が教えてくれたこと 』
               広大附属中・学院中・修道中・県立広島中/Hくん
 

「だったら塾辞めればいいんじゃろ!!」 そう言ったものの本心ではなかった。本当に辞めたい訳ではない。学校の勉強をおろそかにする僕に、元々受験に大反対だった母が言った言葉、 「学校のこともちゃんとできんのに、塾なんか行かんでもいい!」それに対してつい言ってしまっただけなのに……(続きを読む→)

No.2 『きっとプラスになる中学受験 』学院中・修道中・城北中/Tくん

 とうとうこの時期が来た。6年生のお正月にそう思いました。早く試験日がくればいいのに、でも不安。そのような中、家庭学の先生が授業中に言われていた「努力は裏切らない」その言葉を思い出し、……(続きを読む→)

No.3 『 自分で選んだ道 』 広大附属中・学院中・修道中・なぎさ中/Uくん

「自分の番号がある!え?え!?」 ぼくは夢だと思った。 「一年間サッカーをがまんして勉強をがんばった成果が出た。」 ぼくは思わずとび上がってしまった。第一志望校合格出来た。ぼくは一年生の時から、 サッカーチームに入っていた。……(続きを読む→)

No.4 『 マイペースだった私の4年間 』 市立広島中・女学院中・安田中/Mさん

 私は両親からも塾の先生からも「マイペースだね」と言われています。塾の予習、復習をこなすのもゆっくりな私だったから、この家庭学習研究社に通えて良かったと思っています。私が通い始めたのは、三年生……(続きを読む→)

No.5 『 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 』
                     女学院中・安田中・なぎさ中/Mさん
 

 私は4年生から家庭学習研究社に通い始めた。4年生の成績はそれなりに良く、塾に通うのが楽しかった。その頃はまだ受験のことなど考えておらず、ただ塾に行って友達と一緒に勉強をする、それぐらいの感覚だった。5年生。理科と社会が増えるだけで宿題の量はどっと増えた。……(続きを読む→)

No.6 『 キリギリスからの大逆転 』 修道中・城北中・なぎさ中/Kくん

 みなさんは「アリとキリギリス」という童話を知っていますか? 僕はまるでそのキリギリスのようでした。アリのように真面目にコツコツやっていくのではなく、最低限の事しかせず、のんきにしていたのです。そのため、仕上がっていなければいけない追い込みの時期に、まだやるべき事が全く終わっていなかったのです。 ……(続きを読む→)

No.7 『 自分のおすすめ勉強法 』広大附属中・学院中・修道中・なぎさ中/Oくん

 この文章では、自分がしていてためになったと思う勉強法を六つ並べています。自分は、一時期、マナビーテストの点が上がらず、落ち込んでいましたが、この勉強法をして合格することができました。ぜひ実践してみてください。
 一つ目は、先生にたくさん質問することです。……(続きを読む→)

No.8 『 ピンチをチャンスに! 』
         広大附属中・清心中・近大附広島中東広島・県立広島中/Hさん

「ピンチはチャンス!」 受験生活を通して、私はこの言葉は本当なんだとわかりました。私は五年部から家庭学研究社に通い始めました。特に点数が悪いこともなく、いつも上位の成績でした。六年部になり、初めての模試……(続きを読む→)

 
No.9 『 楽しかった塾 』     学院中・修道中・城北中/Tくん 

「受験がしたい。」 そう思ったのは姉が合格した時だった。とても喜んでいる姿を見て、自分もこういう感動をしてみたいと思った。ぼくが初めて塾に行ったのは、会員選抜試験を受けた時だった。一番印象に残っているのは、休けい中、誰も立たずしゃべらず、 ずっと座っていたという事だ。ぼくはこの時、なんてつまらない塾なんだと思っていた。……(続きを読む→)

※寄せられた作品の中からいくつかをご紹介しています。
デジタルゲットTOPへ
  • ブログのページへ
  • 音読教室のページへ
  • デジタルGETのページへ
Page Top